即日発行可!主婦におすすめ!それがイオンカードのETCカード

■ETCカードの即日発行が可能なクレジットカード

急にETCカードが必要になることはあるでしょう。
ETCカードがなくても有料道路は走行できますが、割引などは受けることができません。
できれば走行料金が安くなる、ETCカードを使いたいですよね

ETCカードをすぐに使いたい…。
そんなときはETCカードの発行期間に注目をしてみましょう。
ETCカードの発行期間は、クレジットカード会社により異なります。
発行期間は2週間が平均のようですが、3営業日で発行となるETCカードもあれば4週間ほど経過しないと発行されないETCカードもあります。
急ぎでETCカードが必要であれば、スピード発行が可能なクレジットカードを選びましょう。

最短でETCカードを手にできるのが、セゾンカードです。
セゾンカードはETCカードの即日発行に対応をしています。
国内のクレジットカードでETCカードを即日発行できるのは、セゾンカードのみでしょう。

セゾンカードでETCカードを即日発行する方法は、セゾンカウンターで申込・発行をすることです。
クレディセゾンが発行しているセゾンカードを持っていれば、それを持参しセゾンカウンターへ出向きましょう。
申込と手続きを行えば、ETCカードを即日発行できます。
セゾンカードを1枚も持っていない!という場合は、セゾンカード・インターナショナルやPARCOカードなど、即日発行が可能なクレジットカードに申込みをします。
店舗でクレジットカードを即日発行し、ETCカードを追加発行してください。

ただETCカードの即日発行には、セゾンカウンターへ取りに行く必要があります。
店舗まで行けない…というときは、郵送でETCカードを発行するしかありません。
郵送で受け取る場合は、なるべく早くETCカードを発行してもらえるクレジットカードを選びましょう。
スピード発行となるクレジットカードでも、ETCカードの発行は時間がかかるケースもります。
クレジットカードは最短3営業日発行でも、ETCカードの発行には2週間かかる…なんてこともあるので注意をしなければなりません。

おすすめなのは、イオンカードのETCカード。
イオンカードをすでに持っているなら、最短翌営業日にETCカードが発行されます。
郵送期間を入れても申込から数日でETCカードを使える可能性がありますので、急ぎの場合にはおすすめです。
イオンカードを同時発行する場合は1週間~2週間ほどかかってしまいますが、すでにイオンカード会員ならおすすめです。

■主婦がETC発行するのにおすすめクレジットカード

今では女性ドライバーも増えています。
女性がETCカードを発行するケースも多いでしょう。
クレジットカード審査に通るのが難しく、ETCカードが発行できない…と思っている女性も多いのだとか。
特に主婦は短時間勤務だったり専業主婦だったりして、クレジットカード審査では不利になってしまいがちです。
しかしそんな主婦でも、発行しやすいクレジットカードはあります。
専業主婦でも審査に通りやすく、ETCカードを発行しやすいクレジットカードがおすすめです。

主婦がETCカードを発行するのにおすすめのクレジットカード

・イオンカードセレクト
イオン系列の店舗でお得になる年会費無料クレジットカードなので、主婦は使う機会が多いかと思います。
イオンでは5%割引、割引クーポンプレゼントなど、ショッピングでお得になります。
またイオンカードセレクトは、WAONチャージでポイント付与があったり、イオン銀行の普通預金金利が優遇されるといった特典もありおすすめです。
イオンカードセレクトのETCカードは、発行手数料も年会費も無料。
ETCゲート車両損傷お見舞い制度が付帯するETCカードなので、運転にあまり自信がない…という女性にはおすすめでしょう。

・ウォルマートカード セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード
西友、サニー、リヴィン、西友ドットコムで、いつでもお会計が3%になる年会費無料クレジットカードです。
日程が指定されているのではなく、毎日いつ使っても3%オフになるのでおすすめです。
また毎月5日と20日は上記の店舗では5%オフになり、1,000円に1ポイントの付与もあります。
そしてウォルマートセゾンアメックスは、公共料金の支払いでも1%オフ+ポイントの付与があります。
節約をしたい主婦にとっては、強い味方となってくれるクレジットカードでおすすめです。
ETCカードは発行手数料も無料、年会費も無料です。

・エポスカード
年に4回マイルで10%オフ優待を受けられる、年会費無料クレジットカードです。
さらに全国7,000の店舗での優待があるのも特徴。
マルイを利用しなくても、お得度が高くおすすめのクレジットカードでしょう。
ETCカードは発行手数料無料、年会費無料。
エポスカードは店舗で受け取ることで、即日発行が可能なクレジットカードです。
しかしETCカードは、残念ながら即日発行には対応していません。
郵送でのみの受け取りとなっていますので、注意してください。

■イオンカードが発行するETCカードの特徴

etcカードを持つなら、発行手数料や年会費無料がおすすめです。
イオンカードのetcカードは、発行手数料無料、年会費無料です。
イオンカードは発行されているクレジットカードが、すべて年会費無料というクレジットカードです。
家族カードなどの追加発行カードも年会費無料、なんとゴールドカードでさえ年会費無料です。
そんなイオンカードですから、etcカードも年会費無料というのは当たり前なのかもしれませんね。

etcカードは、今は使わないけれど使うかもしれないので…と発行するケースもあります。
そのようなときに、年会有料だと発行しづらいものです。
使わないものに年会費を支払うことになりますから、お金を無駄にしていることになります。

またetcカードは使うけれど、それほど利用頻度が高いわけではない場合もあります。
年に数回使うだけというときに、etcカードが年会費有料だとうーん…となってしまいます。
年会費のもとを取るだけetcカードを使っていないのですから、損をしてしまいますので。

イオンカードのetcカードは発行手数料も年会費も無料ですので、上記のようなケースでもお金を無駄にすることはありません。
誰でも気軽に発行することができるでしょう。

イオンカードのetcカードは、2種類の申込方法があります。

まずはイオンカードと一緒にetcカードも申込む方法です。
オンラインや店頭、郵送などで、イオンカードを申込むときに、etcカードも申込を行うのです。
イオンカードはいくつか種類がありますので、どれに申込みをするか決めます。
そしてオンライン申込であれば、etcカードの同時申込欄にチェックを入れましょう。
これでイオンカードと、etcカードを発行することができます。

それからすでに持っているイオンカードで、etcカードを追加発行する方法です。
イオンカードの会員専用サイトから、etcカードを追加申込しましょう。
また店舗や郵送での追加申込も可能です。

イオンカードのetcカード発行には、審査があります。
ただイオンカードの既存会員で利用状況に問題がなければ、すんなり発行されることがほとんどです。
イオンカードをまだ持っていない場合は、イオンカード発行時の審査に通過しなければなりません。
イオンカードは年会費無料、流通系クレジットカードであり、審査は甘い傾向にあります。
etcカードの発行もしやすいと思われますので、審査に不安がある方にもおすすめとなるでしょう。

■イオンetcカードはスピード発行

etcカードの発行には、2週間程度かかるクレジットカードが多いようです。
発行期間が長いetcカードだと、1か月近くかかってしまうこともあるようです。
そこまで待てない!という方も多いのではないでしょうか。

早くetcカードが欲しい!というときに、イオンカードはおすすめです。
イオンカードのetcカードは、最短翌日発行・発送が可能なのです。
郵送期間に2かほどかかるとしても、申込みから最短1週間もかからずetcカードを手にすることができるでしょう。
etcカードの中では、かなりスピード発行です。

ただ最短翌日発行・発送となるには、平日15時までに申込を終えておかなければなりません。
申込日が平日でも翌日が土日祝日になると、発行されるのは休日明けとなってしまいますので注意をしましょう。

また最短翌日発行・発送となるのは、すでにイオンカードを持っておりetcカードを追加発行した場合となります。
イオンカードと一緒に申込みをした場合は、オンライン申込で2週間程度必要になるようです。
しかし店頭申込だと発行が早く、最短翌日に発行されることもあるのだとか。
急ぎでイオンカードを発行してetcカードを使いたいときは、店頭で申込みをするのが良いでしょう。

イオンカードのetcカードには、他にはない特徴があります。
それはetcカード車両損傷お見舞金制度があることです。
こういったサービスがあるetcカードは、イオンカードくらいではないでしょうか。
他では聞いたことがありません。

車両損傷お見舞金制度とは高速道路を走行中、ETCゲートの開閉バーに車両をぶつけてしまった時に、お見舞金が支払われるというサービスです。
お見舞金は一律5万円となり、年に1回の支払いとなります。
ETCゲートで開閉バーにうっかり車をぶつけてしまう…というのは、まったくないことではありません。
車の修理代が…とがっかりしてしまいますよね。
イオンカードのetcカードなら、そんなときに5万円もらえるわけです。
修理代が5万円でおさまらないという可能性もありますが、全くもらえないよりは全然良いでしょう。
車の運転に自信がなかったり、高速道路の走行に慣れていない人には、イオンカードのetcカードはおすすめです。

ただスピード違反をしていたり、etcカードを挿入し忘れていたり、運転者に過失がある場合はお見舞金は支払われませんので注意をしてください。
もちろん故意にぶつけるというのも、やめてくださいね。

■イオンetcカード発行におすすめなのは

イオンカードのetcカードをつかうと、ときめきポイントをためることができます。
200円ごとに1ポイントの付与となり、ポイント還元率は0.5%です。
還元率はそれほど高くはありませんが、しっかりポイントを貯めることはできます。

また毎月10日はときめきWポイントデーでは、ポイントが2倍となります。
etcカードの利用分も、ポイントを2倍獲得できます。
高速道路の走行が10日にあたると、ポイントをよりためることができラッキーですね。

etcカードを発行するなら、おすすめのイオンカードはイオンカードセレクトです。
イオンカード、イオン銀行キャッシュカード、WAONの機能を一つにしてしまったイオンカードで、現在一番人気があります。
イオンカードでも、イオンカードセレクトを推している感じですね。

イオンカードセレクトはイオン店舗ではいつでもポイント2倍になるだけでなく、WAONへのチャージでもWAONポイントを獲得することができます。
これは他のイオンカードにはない特典です。

クレジットカードだけでなく、WAONも使っている人にとっては最強のイオンカードでしょう。
ポイントを最もためやすいイオンカードと言えるのでおすすめです。
イオンカードのetcカードは、イオンカードに追加発行する形になります。
クレジットカードとetcカードをそれぞれ持つことになります。
ただ2枚持ちするのは面倒くさい、クレジットカードとetcカードが一体になっていれば良いのに!という人もいます。

実はイオンカードには、etcカードと一体型になったものがあります。
その名もイオンetcカードカード。
イオンカードの機能プラスetcカードの機能を、1枚で使うことができるので便利です。
イオン店舗ではいつでもポイント2倍になりますし、毎月20日、30日のお客さま感謝デーではお会計が5%になります。

イオンカードやetcカードの追加発行は、オンラインで行うことができます。
しかしイオンetcカードは、オンラインでは申込ができません。
取得をしたいときは、イオンカードのサイトからまず資料請求をしましょう。
資料に従って、申込みをしてください。
オンラインだと24時間いつでも申込ができるので便利なのですが、この点はちょっと不便と言えるかもしれませんね。
ただ資料請求は無料でできますので、etcカード一体型のイオンカードが気になる場合はとりあえず資料だけでも取り寄せてみると良いでしょう。