ETCを複数枚発行できるおすすめクレジットカード

1枚のクレジットカードで発行できるのは、1枚であることが多いです。
複数枚持つには、別々のクレジットカードで発行しなければならなことになります。

ただ一部1枚のクレジットカードに対し、複数のETCカードを発行できるものがあります。このようなカードを持っておけば、車によってETCカードを使い分けることができます。今の時代、複数の車を所有している方はなかなかいないと思いますが、そのようなリッチな方であれば、ここで紹介しているカードを持っておけば、いちいちETCカードを抜き差ししなくて済むので便利です。

・セゾンカード
セゾンカードは1枚のクレジットカードに対し、5枚までETCカードを発行することができます。
たとえばセゾンカード・インターナショナルで、ETCカードを5枚発行できるというわけです。
複数枚のETCカードを発行したいときには、おすすめでしょう。
またセゾンカードのETCカードは、発行手数料も年会費も無料なのでおすすめ度が高いです。
5枚発行しても年会費無料なら、全くお金をかけずにETCカードを発行できます。

・アメリカン・エクスプレス・カード
アメックスもセゾンカードと同様、1枚のクレジットカードに対し5枚までETCカードを発行することができます。
アメックスのETCカードは、500円(税別)の年会費が必要になります。
5枚発行すると2,500円(税別)も年会費を支払うことになり、結構な負担となってしまうでしょう。
ただ年に1度でもETCカードの利用があれば、翌年度の年会費は無料となるサービスがあります。
確実に年に1度はETCカードを使うという人におすすめでしょう。

・JCB法人カード
JCB法人カードでは、ETCカードの発行枚数に制限がありません。
審査に通りさえすれば、1枚のクレジットカードに対し何枚でもETCカードを発行することができるのです。
ETCカードは年会費も発行手数料も無料ですので、経費をかけずに済みおすすめです。
JCB法人カードは個人向けのクレジットカードではなく、法人のみを対象としたクレジットカードとなります。
会社経営者や個人事業主におすすめのクレジットカードです。

1枚のクレジットカードに対し複数枚のETCカードを発行できても、名義人以外は使うことができません。
家族が使うために自分名義のETCカードを複数枚発行する…ということはできませんので、注意をしてください。
ETCカードもクレジットカードと同様、貸し借りをするのは禁止されています。

続いて、ETCカードを複数枚発行できるクレジットカードの中でも、アメリカン・エキスプレス・カードのETCカードについて紹介していきます。

■アメックスのetcカードの年会費

ステータスの高いクレジットカードとして知られているのが、アメックスです。
富裕層向けのクレジットカードとなっており、ステータスが高いのが特徴です。
一般クラスとなるグリーンカードでも、ゴールドカード並の価値があります。
ゴールドカードはプラチナカードとなり、取得も難しいです。

アメックスは年会費も高く、グリーンカードで税別12,000円となります。
クラシックカードとしては、高額な年会費です。
etcカードも、年会費が高いのでは?と感じてしまうのではないでしょうか。
あまり高額になってしまうと、発行するのが大変になってしまいます。

アメックスのetcカードは、初年度年会費無料で、翌年度より税別500円となります。
etcカードとしては、妥当な年会費です。
年会費有料のetcカードと比べても、高いとは言えないでしょう。
アメックスだからといって、年会費が高額なetcカードではないのです。

さらにアメックスは年に1度でもetcカードの利用があれば、翌年度は年会費無料になります。
年に1回有料道路を走行すれば、実質年会費無料で使うことができるのです。
ステータスの高いアメックスのetcカードを、年会費無料で使えるなんてびっくりしてしまいますね。
しかし、アメックスは審査が厳しいクレジットカードです。
取得が可能なのは、ある程度の収入がある正社員や公務員です。
現在はフリーターなど非正規社員が発行可能なクレジットカードも多いですが、アメックスでは難しいでしょう。

審査が厳しいアメックスなので、etcカードの審査も厳しいのではないか?と思う人が多いです。
取得が大変だと、他のクレジットカードでもいいやと思ってしまいます。

アメックスは審査が厳しいetcカードに含まれるようです。
ただこれは、まだアメックスを取得していないケースです。
クレジットカードと一緒にetcカードを申込をすると、クレジットカードの審査に落ちるとetcカードも審査落ちとなります。
そのためアメックスは審査が厳しい…となってしまうわけです。

すでにアメックス会員となっている場合は、etcカードはそれほそ審査は厳しくありません。
延滞や滞納などを起こしておらずクレジットカードの使い方に問題がなければ、etcカードの審査にはカンタンに通過できる可能性が高いです。

なので審査が厳しいのは、etcカードではなくアメックスのクレジットカード自体となります。
アメックスのetcカードだからといって、それほど審査は厳しくないのです。

■アメックスのetcカード申込方法

アメックスのetcカードは、オンラインで申込みができます。
アメックスの公式サイトにある「ETCカードのご案内」をクリックします。
そこからアメックスのカード番号、名前、生年月日などの必要事項を入力し送信。
指示通りに手続きをすすめれば良いので、難しいことはありません。
10分もあれば、申込みが完了するでしょう。

またアメックスのetcカードは、電話での申込も可能です。
カードの裏面にある電話番号で、etcカードの発行手続きができます。
インターネットに不慣れな方などは、電話でetcカードを申込むのが良いでしょう。

アメックスのetcカードは、まず会員にならないと申込ができません。
アメックスのクレジットカードを持っていない場合は、まずクレジットカードに申込みをしましょう。
クレジットカードの申込時に、etcカードも申込することができます。
どのクラスのアメックスでも、etcカードは発行可能です。

アメックスのetcカード発行時には、審査が行われます。
審査通過をする必要があるのですが、すでにアメックス会員であればそれほど発行は難しくないと思われます。
問題なくアメックスを使用していれば、ほぼ審査通過はできると思って良いでしょう。
アメックスのetcカードに申込みをし審査通過できると、無事発行となります。
発行後は自宅へ郵送となり、申込みから10か前後で届くようです。
早ければ1週間程度、遅ければ2週間程度と見ておくと良いでしょう。
申込をしてすぐに届くetcカードではないので、余裕をもった日程で申込みをするようにしてください。
明日etcカードを使いたいときに申込みをしても、アメックスでは間に合いません。
ただetcカードの発行に時間がかかるのは、アメックスに限ったことではありません。
どのetcカードでも、早めに申込をしておいた方が良いでしょう。

アメックスのetcカードは、本会員は5枚まで発行できます。
通常はクレジットカード1枚につき、etcカードは1枚しか発行できないことが多いです。
なのでこれはアメックスならではのサービスと言えるでしょう。
車を何台も持っている方も多いので、5枚までetcカードを発行できるというのは便利と感じる方も多いかと思います。
特にアメックスは、富裕層向けのクレジットカードです。
お金に余裕があると、車が何台かあり乗り分けているという会員は少なくないでしょう。
etcカードが複数枚発行できるのは、アメックスにとっては当然のサービスかもしれませんね。

■アメックスのetcカードはここが魅力!コストが気になるならセゾンアメックスもOK

アメックスのetcカードを、実際に利用している方はどう感じているのでしょうか。
口コミを調べてみましたので、紹介します。

アメックスのetcカードは、デザインが良いという口コミがあります。
券面はシルバーで、「ETC」と書かれているだけです。
シンプルなデザインで、誰でも使いやすいようです。
ただアメックスの文字があった方が良いという口コミもありました。
アメックスのetcカードだということがわからないので、周囲に見せて優越感を得られないというのです。
アメックスのクレジットカードは、ステータスが高く自慢したくなるクレジットカードです。
そんなアメックスのetcカードを持っているのに、周りの人に気づいてもらえないのはちょっと物足りないかもしれかせんね。

またアメックスのetcカードは、実質年会費無料になるのが良いという口コミも目立ちました。
入会翌年度から税別500円が必要ですが、年に1度でもetcカードの利用があれば年会費無料となります。
アメックスのクレジットカードは年会費が高額ですが、etcカードは格安で使えるのでお得と感じる方が多いようです。
年に1度は高速道路を走行するなら、発行しておいて損をすることはないでしょう。

とはいえ、アメックスのクレジットカード自体の年会費は高額です。
一般クラスとなるグリーンカードでも、1万円以上の年会費となってしまいます。
もっと年会費の負担なく、アメックスを持つことができないだろうか?と思っている方は少なくありません。

比較的お手ごろな年会費で持つことができるアメックスが、セゾン・アメックスになります。
セゾン・アメックスにはセゾンパールアメックス、セゾンブルーアメックス、セゾンゴールドアメックスなどがあり、
中には条件をクリアすれば実質年会費無料となるものもあります。
アメックスとセゾンカードが提携発行しており、アメックスのプロパーカードではありません。
しかしアメックスならではの騎士がデザインされており、アメックスらしさがあります。

セゾン・アメックスでも、etcカードを発行することが可能です。
etcカードを発行元となるのは、セゾンカードになります。
このetcカードは発行手数料も年会費も無料です。
アメックスのプロパーetcカードは、年に1度も利用しなければ税別500円の年会費が発生します。
しかしセゾン・アメックスなら1年間全く使う機会がなくても、年会費の負担なく持つことができるのでおすすめです。

■アメックスのETCカードに家族カードはあるのか?

アメックスのETCカードを発行してもらいたい、という方の中には家族会員分のETCカードも発行してもらえるのか知りたい、という方もいると思います。
今回は、アメックスのETCカードに家族カードはあるのか、ということについて詳しく解説します。実際に発行してもらえるのでしょうか。

・家族カードにもETCカードは発行してもらえる 

家に、自分のだけではなく家族の自動車もある、というかたも多いのではありませんか。そんな方でも対応してくれるのが、アメックスのETCカードなのです。
家族カードに付随する形でETCカードを追加カードとして発行してもらえます。

もちろん家族カードを持っていないと家族カードの追加カードとしてETCカードは発行できないので注意してください。まずは家族カードを取得し、その上でETCカードはカードを申し込みましょう。

アメックスカードと言えば、年会費がかなり高い印象もありますよね。しかし、家族カードになると、そんな年会費も一気に安くなります。家族カードのアメックスカードのメリットがたくさんあるので、家族カード自体がかなりおすすめ、というわけなんですよ。

家族にアメックスカードを利用したいか聞いてみて、もしも希望する方がいたらアメックスの家族カードの発行手続きに入りましょう。
家族カードの発行手続きはインターネットから簡単にできます。