1枚のカードで複数のETCカードを発行できる!法人にもおすすめなJCBのETCカード

■法人向けクレジットカードでもETCカードを使おう

最近は会社の経理を法人向けのクレジットカードに統一するところが増えてきています。その理由としては簡単で何度も経費を精算するのは多くの手間がかかってしまうのと、現金で支払いを済ませるためにはそれなりの現金を会社に用意しておく必要があり危険だからです。かといって社員に建て替えてもらったものを給与のタイミングで振り込むというのはやはり負担もかかりますし望ましくはありません。

そういった課題は買い物や食事だけではなく車の交通費にも関わってきます。特に社用車を用いての移動が多い会社では高速道路の支払いなどを都度精算していては事務作業が一向に減るはずもありません。そこで強い味方となってくるのが法人向けクレジットカードに付帯されているETCカードなのです。法人向けとはいっても利用方法は個人向けのものとなんら変わらず精算の請求が会社に来るという違いだけです。逆に言えば普通のETCカードとして利用してもらうだけで請求は会社に来るので、立替金を支払ったり仮払いをするといった会社の業務を一気に減らすことが可能となります。

法人向けETCカード対応のクレジットカードを選ぶ際のポイントがいくつかあります。それは年会費と発行可能枚数です。法人向けクレジットカードのほとんどは基本カードに年会費が必要となります。それに加えてETCカードの発行手数料や年会費も必要となれば合計では大きな出費となる可能性があります。でも、安心してください。クレジットカードの年会費は必要となってもETCカードの発行は無料の法人カードもいくつかは流通しています。例えばJCB法人カードがその例としては挙げられるでしょう。

発行枚数が無制限だったり発行が無料であるのならば、経理の簡略化を進めるためにもこれを利用しない手立ては無いでしょう。ただ、注意しなければならないことは社員一人ひとりにETCカードを支給するタイプの場合それが会社の経費として利用したものなのかを確認する必要はあるということです。法人カードを利用する理由として上記のもの以外に会社のお金と個人のお金を仕分けるという意味があります。その役割がある中で、法人向けのクレジットカードに付帯しているETCカードを私的に利用されては問題が生じてしまいます。そういった意味でのETCカードのチェックという手間は新しく発生してしまう可能性はありますが、それでも現金を利用した精算をすることを考えれば遥かにETCカードの発行を進めるほうが賢いでしょう。

■クレジットカードやETCカードは何枚まで発行可能?

ETCカードを複数枚持ちたい…という人はいるかと思います。
ETCカードは、1人1枚までしか持てないという決まりはありません。
審査さえ通れば、何枚でも持つことが可能です。
ETCカードを何枚も発行して、車両により使い分けているというケースもあるようです。

ただ1枚のクレジットカードに対し、発行できるのは1枚のETCカードとなります。
1枚のクレジットカードで、何枚もETCカードを発行する…というのは難しくなります。
ETCカードを家族分発行したいときは、家族カードを発行すると良いでしょう。
ETCカードは、家族カードに対しても発行することができます。
ETCカードも家族名義となり、家族1人1枚で使うことができます。

法人カードには、1枚のクレジットカードで複数枚のETCカードを発行できるものがあります。
JCB法人カードは、ETCカードは何枚でも発行できます。
社員にクレジットカードは使わせたくないけれど、ETCカードは持たせたいというときにおすすめです。

ETCカードを複数枚発行するさいは、注意したい点があります。

・年会費や発行手数料に注意
ETCカードには年会費や発行手数料が必要になるものがあります。
1枚の年会費は安くても、何枚も持つと年会費負担が大きくなってしまいます。
またETCカードを欲しいためにクレジットカードを作るときも、年会費の注意をしましょう。

・管理に注意
ETCカードやクレジットカードを何枚も持っていると、管理が大変になりがちです。
何枚もっていたっけ?
どのクレジットカードで発行したっけ?
どこに保管していたっけ?
などと、なってしまうことが多いのです。
ETCカードやクレジットカードは貴重品ですので、しっかり管理をしなければなりません。
どこにしまったかわからないようだと、紛失をしてもわからなくなります。
気が付かないうちに不正使用されていた…なんてことになりかねないでしょう。

ETCカードは普通の人であれば、1枚~2枚もあれば十分ではないかと思われます。
複数枚ETCカードを発行するときは、実際に使う場面があるのかをよく考えてからにした方が良いでしょう。
1枚もETCカードを持っていないなら、使う予定がなくても1枚くらいは発行しておいてもかまいません。
しかし複数枚になるときは「使うかも?」で発行すると、全く使う機会がなく発行したことさえ忘れてしまう…なんてことになってしまう危険性があります。

■JCBのETCカード

日本で最も有名なクレジットカードはjcbでしょう。
jcbは日本で生まれたクレジットカードブランドです。
国際ブランドの一つともなっており、世界的にも認められています。

etcカードを発行するなら、jcbカードはおすすめです。
jcbカードにはさまざまなメリットがあるためです。

jcbカードは、ポイント還元率があまり良くないというイメージがあります。
昔からあるクレジットカードは、ポイント還元率が0.5%となるのが一般的です。
現在は年会費無料クレジットカードでも1.0%ほどの還元率となることが多く、ポイントがたまりやすいとは言えないでしょう。
そのためetcカードは、もっとポイントがたまりやすいクレジットカードで発行した方が良いという意見もあります。

しかしjcbカードには、オリジナルシリーズというクレジットカードがあります。
特定の加盟店で利用をすると、ポイント倍率がアップします。
スターバックス、amazon、セブンイレブンなど頻繁に利用しそうなところでポイントアップとなりますので、使い方によってはポイントを貯めやすいクレジットカードと言えるでしょう。
さらにetcカードを発行して使えば、よりポイントを貯められてお得です。

jcbカードのetcカードは、お得なのでおすすめです。
お得な理由は、発行手数料が無料なためです。
etcカードを発行するさい、500円や1,000円といった手数料が発生することがあります。
発行するさいのコストを、会員に負担してもらおうということですね。
しかしjcbカードのetcカードは、発行手数料が無料です。
jcbカードなら、ゼロ円でetcカードを持つことができるのです。

そしてjcbカードのetcカードは、年会費が無料です。
初年度年会費無料や条件付年会費無料というetcカードは多いですが、jcbカードの場合は永年年会費無料です。
どんな使い方をしても、何年持っていても、年会費を支払う必要はありません。
たまにしかetcカードをつかわない人、これからetcカードを使うかもしれないという人にもおすすめです。

etcカードはクレジットカードの年会費とは別となります。
jcbカードの場合は年会費が有料のクレジットカードで発行をしても、etcカードの年会費は無料です。
年会費有料クレジットカードだとetcカードも有料、年会費無料クレジットカードならetcカードも無料と勘違いしているケースが多いようなので気を付けましょう。

■jcbカードのetcカード申込方法

jcbカードのetcカードは、3種類の申込方法があります。

おすすめなのはインターネットでの申込です。
すでにjcbカードを持っている方は、会員専用のサイトから申込が行えます。
「各種カードの申込」という項目がありますので、そこからetcカードの申込を行ってください。
約5日で発行となりますので、比較的早くetcカードを手にすることが出来るでしょう。
インターネットだと24時間好きな時に申込みができます。
お昼休みや就寝前などのすきま時間に、ささっと申込みができるので便利です。

2つ目の申込方法は、書類です。
etcカードの申込書類はjcbのサイトから請求ができます。
jcbカードのetcカードは、家族会員や法人会員はオンラインでも申込ができません。
オンラインは個人の本会員のみの利用となりますので、それ以外はjcbのサイトからetcカードの申込書類を請求しなければなりません。

そして3つ目の申込方法が、電話となります。
etcカード専用デスクがありますので、そこへ電話をしてください。
フリーダイヤルとなっていますが、携帯電話は有料のナビダイヤルとなってしまいます。

書類と電話での申込は、約2週間程度での発行となります。

etcカードには2種類があります。
1つはクレジットカードに対して追加発行をするetcカードです。
クレジットカードとetcカードが別々となっていますので、2枚持ちをすることになります。

もう1つはクレジットカードとetcカードが一体になった形です。
1枚でショッピングもでき、etcカードとしての使用もできます。
持つカードの数を減らすことができるのがメリットです。

jcbカードでは、どちらのetcカードも発行しています。
自分に合ったetcカードを選んでください。

おすすめなのはjcbカードと、etcカードが別になったタイプです。
2枚持ちは面倒な感じがありますが、もし車上荒らしにあいetcカードを盗まれてしまったときの被害額が少なくてすみます。
etcカードだけでなく、ショッピングもされてしまうと、大きな被害となってしまいますからね。

またetcカードを追加発行できるjcbカードの種類が多いというメリットもあります。
自分が使いたい機能やサービスがあるjcbカードをまず選んで、それにetcカードを追加発行することができます。
一体型は種類が少なく選べなくなってしまいますので、自分に合ったjcbカードを見つけられない可能性が出てきてしまいます。

■jcbカードのetcカードは複数枚発行できる

etcカードは、通常クレジットカード1枚に対して1枚発行できるという形になります。
jcbカードもそうです。
家族が使いたいので、クレジットカード1枚に対してetcカードを複数枚発行することはできません。
etcカードカード単体での契約もできませんので、家族もそれぞれetcカードを使いたいのなら家族名義でそれぞれjcbカードを発行するか、家族カードを発行する必要があります。

ただjcbカードの法人カードは、ちょっと違っています。
1枚のjcbカードに対して複数のetcカードを発行することができるのです。
車両を何台も業務に使っているので、車両台数の分だけetcカードを発行したいとします。
自分だけクレジットカードを持っていれば良い個人事業主だと、1枚しかetcカードを発行できなく困る…という事態になってしまいます。
しかしjcbカードなら、車両分のetcカードの発行が可能になるというわけなのです。
これは他のクレジットカード会社にはないサービスと言えるでしょう。
車両が複数ある事業主には、大変メリットの高いサービスです。

jcbカードは個人向けだけではなく、法人カードも人気が高いです。
事業主や経営者にはおすすめです。

etcカードの発行におすすめのjcbカードは、JCB EITです。

おすすめのポイントは、年会費無料であることです。
jcbのプロパーカードは、年会費有料がほとんどです。
しかしJCB EITは、永年年会費無料。
jcbカードのetcカードは年会費無料なので、クレジットカードもetcカードも年会費の負担なく持つことができます。

それからJCB EITはポイント2倍なのでお得です。
jcbカードのポイント還元率は約0.5%となりますが、JCB EITは約1.0%になります。
etcカードの利用分もポイント2倍となりますので、お得なjcbカードです。

そして海外に行く人に朗報なのが、海外旅行保険が付帯していることです。
年会費無料なのに、海外旅行保険が自動付帯しているのはスゴイですね。

JCB EITはリボ払い専用クレジットカードとなるので、etcカードの利用分もリボ払いになります。
初回リボ手数料は無料なので、初回全額払いにしておくのがおすすめです。
リボの支払い回数が2回以上になるとリボ手数料がかかってしまうので、注意をしてください。

JCB EITはカードのデザインが6種類あり、好きなものを選べることでも人気のクレジットカードです。