ETCカードを使う人が覚えておくべきことまとめ

■ETCカードの申込基準はクレジットカードと同じ

クレジットカードには、必ず申込基準が設定されています。
ETCカードにも、申込基準があるのでしょうか。
申込ができない人は、どのような人なのでしょうか。

ETCカードには、申込基準は特に決められていません。
申込ができる人は、そのクレジットカードの申込基準と同じということになるでしょう。
ETCカードを発行したいクレジットカードの申込基準を満たしていれば、ETCカードを発行できることになります。

クレジットカードの申込基準を確認しておきましょう。

・年齢
クレジットカードが発行できるのは、18歳以上になります(高校生を除く)。
18歳になると、運転免許証を取得することができます。
車を運転することが出てくるかと思われますが、高校を卒業した18歳以上であればETCカードを発行することができるわけです。
ただクレジットカードによっては20歳以上、27歳以上、30歳以上…と、申込みできる年齢が設定されている場合があります。

・安定収入
クレジットカードを発行するには、安定した収入が必要となります。
正社員や公務員は審査通過しやすい面がありますが、アルバイトやパートなどでも安定収入さえあれば発行することが可能です。
ただ専業主婦は、配偶者に安定収入があれば発行できるケースがあります。
自営業者は個人向けのクレジットカードだけでなく、法人カードでETCカードを発行することが可能です。

・優良なクレヒス
クレジットカードヒストリーに延滞や滞納などの問題があると、クレジットカードの発行基準を満たせないことが多いです。
収入が多くても、クレヒスが悪いと審査に落ちてしまうことが多いでしょう。
ETCカードを発行することも難しくなってしまいます。

以上がクレジットカードの基本的な申込基準です。
すべて条件を満たしていれば、クレジットカードもETCカードも発行しやすくなるでしょう。

ただクレジットカードの申込基準は、すべて同じではありません。
それぞれに設定されていますので、それぞれのクレジットカードの申込基準は必ず確認しておくようにしましょう。
またクレジットカードは、審査基準も異なっています。
自分にとって審査に通過がしやすいクレジットカードを選ぶことが、ETCカードを発行する近道となります。
ステータスが欲しいからなどという理由で身の丈に合わないクレジットカードに申込みをする方もいるようですが、見事に審査落ちしてしまい撃沈…となることがほとんどですので気を付けてください。

■クレジットカードとETCカードのデザインの違い

クレジットカードには、デザインが選べるものが多くなりました。
エポスデザインカードのように、70種類以上からデザインが選べるクレジットカードもあります。
自分が好きなデザインのクレジットカードを持つことができると、テンションが上がるという人が多いようです。
デザインが良い方が、持っていても楽しいですよね。

ETCカードにもデザインが選べるものがあると良いですが、現在のところそういったETCカードは存在していません。
クレジットカード会社でデザインが決まっており、それを発行するしかないのです。
ちょっとつまらないかも…と思ってしまうかもしれません。

デザインが凝ったクレジットカードが増えてきたのは、付加価値を付けたいという理由があります。
クレジットカードはたくさんの種類が発行されており、普通のスペックでは選んではもらえません。
他のクレジットカード会社に顧客を取られてしまう、どうすれば良か?となったときに、デザインで惹きつけようということになったのです。
好きなデザインであれば、多少機能が劣っても発行してくれるケースがあります。
また同じようなスペックでどちらのクレジットカードにしようか?と迷ったときに、デザインが良い方を選んでもらえる可能性が出てきます。
そのためクレジットカードにはかわいいキャラクターデザインや、スタイリッシュなデザインなどが用意されているのです。

ETCカードはそのような努力をしなくても、発行してもらえます。
ETCカードはクレジットカードに追加発行するもので、メインではありません。
発行されれば使ってくれる可能性がある程度で、クレジットカード会社がそれほど力を入れて発行しているものではないのです。

ETCカードのデザインを考えるには、コストもかかります。
キャラクターなんかを使うと使用料金がかかりますし、デザイナーを起用してもお金がかかってしまいます。
ETCカードにそこまでコストをかけなくても良いといことになり、デザインが凝ったものは登場していないと言えるでしょう。

ただクレジットカード会社に対して、ETCカードは1種類のデザインしかないケースがほとんどです。
できれば2,3種類くらい用意されており、選択できた方が楽しいです。
せめてカラーだけでも、選択できるようになると良いと思います。
特に近年は女性がETCカードを発行するケースが増えていますので、女性向けのデザインやカラーのETCカードが登場することを期待します。

■etcマイレージは登録が必要

etcカードを使っていれば、誰でもetcマイレージのポイントをゲットすることができます。
しかし登録をしないと、どんなにetcカードを使ってもポイント付与対象外となってしまいます。
etcを利用するなら、今すぐetcマイレージに登録を行いましょう。

etcマイレージの登録方法は、インターネットか書類郵送になります。
簡単に登録できるのは、インターネットです。
申込みをした当日から、etcマイレージのポイントを獲得することが可能です。
これから有料道路を走行するという前に、ささっと登録してしまいましょう。

もう一つの登録方法が、書類の郵送です。
専用の申込書がありますので、有料道路の料金所やSAPAで手に入れてください。
ただわざわざ申込書を入手しなければならず、郵送時の送料は申込者が負担をしなければなりません。
etcマイレージへの登録が完了するまでにも、数日は必要になってしまいます。
どちらかというと、インターネットでの登録の方がカンタンでおすすすめです。

etcマイレージ登録時には、名前、生年月日、住所、電話番号と言った個人情報のほか、etⅽカード番号や有効期限、車両番号、車載器管理番号などが必要になります。
ETCマイレージのポイントの付き方は、道路事業者により異なります。
10円に1ポイント、100円に1ポイント、100円に3ポイント、50円に3ポイントなど、本当にバラバラになっています。
利用をする前に、確認しておくと良いでしょう。
また月間利用金額により、ボーナスポイントが付与される道路事業者もあります。
ボーナスポイントの付与方法もそれぞれに異なりますので、こちらも確認が必要です。

ポイントの明細は、ETCマイレージのマイページで確認することができます。
道路事業者ごとに明細を見ることができます。
利用可能ポイントやポイント有効期限などを確認できます。
ETCマイレージのポイントは有効期限があり、最長2年となっています。
ポイントは一定数たまると走行分に還元することができますが、還元されるまでポイントをためられない場合は自動的に消滅してしまいます。
ETCカードをよく利用する方なら心配はないかもしれませんが、年に数回などあまり使わない方は注意をした方が良いでしょう。
2年間ETCマイレージの利用がない場合は、登録抹消となりますので気を付けてください。
せっかく還元率が高いETCマイレージでも、ポイントが使えず消滅してしまうと全くお得にはなりませんので。

■etcマイレージを還元額へ交換!

etcマイレージでたまったポイントは、走行料金に使える還元額に交換することができます。

交換の単位は、以下のようになります。

NEXCO東/中/西日本・宮城県道路公社と本州四国連絡高速道路株式会社

1,000ポイント→500円
3,000ポイント→2,500円
5,000ポイント→5,000円

阪神高速道路株式会社、阪神高速道路株式会社、愛知県道路公社、広島高速道路公社、福岡北九州高速道路公社
100ポイント→100円

神戸市道路公社
200ポイント→100円

etcマイレージのポイントは各道路事業者ごとにたまり、合算することはできません。
しかし還元額にしてしまえば、還元額が使える区間ならどこでも走行料金に充てることができます。
神戸市道路公社で貯めたポイントを還元額にした場合でも、他の道路事業者の走行料金に支払えるのです。

還元額への交換は、インターネットや電話で行えます。
面倒な方はポイント自動還元サービスの利用がおすすめです。
所定のポイントがたまったら自動的に還元額へ交換してくれるので、わざわざ交換をする手間を省けます。
ただ1,000ポイントか5,000ポイントからの交換となりますので、etcをよく利用する方向けです。
etcカードの番号が変更になったときは、etcマイレージで必ず登録変更をしておきましょう。
そのままにしておくと、etcマイレージのポイントをためることができません。
還元額がある場合も、利用ができなくなってしまいます。
これは非常にもったいないですね。
etcマイレージは還元率が高いので、少しでもポイントをもらい損ねると大きな損となってしまいます。
変更を忘れていた!といっても、ポイントを後付けするといったことはできないので注意をしてください。

etcマイレージのetcカード登録変更は、インターネットや書面で行うことができます。
インターネットであれば変更した翌日の午前0時から、変更が反映されます。
比較的すぐ新しいetcカードカードでの走行ができるようになるので、インターネットでの変更がおすすめです。
書面の場合は反映まで10日ほど必要となってしまうようです。
ちなみに有効期限のみの変更であれば、etcマイレージの事務局への電話でも変更可能です。

etcカードの変更は、名義が異なっていると行うことができません。
結婚などで姓名が変更になった場合は、現在etcマイレージに登録しているetcカードの名義変更を行いましょう。
それからetcカードの変更をするようにしてください。

■料金所でもetcマイレージのポイントは獲得可能?

etcマイレージでポイントがたまるなら、当然etcレーンを走行しますよね。
しかし工事中でetcレーンが閉鎖されているということはあり得ます。
またetcレーンがないという道路もあるようです。
この場合はどうしても料金所で支払いをしなくてはならず、etcマイレージのポイントが貯められなくもったいない!と思ってしまいますよね。

実は料金所でも、etcマイレージのポイントは獲得できます。
実は料金所でetcカードを出すと、etcカードでの支払いができるのです。
etcカードで支払ったことになっていれば、etcマイレージのポイントはゲットできます。
クレジットカードのポイントももらえますので、損をすることはないのです。

ただどこの料金所でも、etcカードを出せば精算ができるというわけではありません。
たとえば車載器を搭載していない車両は、etcカードでの支払いは原則できません。
規約違反となってしまい、etcマイレージのサービスを受けられなくなる可能性があります。
またこれまで貯めたポイントや還元額を、没収されてしまうこともあります。
不正をしてまでポイントをためる…というのは、結局は損をすることになりますのでやめておきましょうね。

ETCカードのメリットがわかったところで、おすすめのETCカードを何枚か紹介します。
ポイント還元率を重視するetcカード作り方では、REXカードやREXカードLiteがおすすめです。
REXカードはポイント還元率1.5%あります。
年間利用金額が50万円以上になると税別2,500円の年会費が無料となり、クレジットカードの利用金額が多い方におすすめです。
REXカードLiteは、年会費無料でポイント還元率が1.25%あります。
年会費無料クレジットカードでは最高水準の還元率なので、ポイントがたまりやすいです。

発行手数料・年会費無料を選ぶetcカード作り方では、リクルートカードのJCBブランドがおすすめです。
年会費無料ながら1.2%の還元率があり、etcカードの発行手数料や年会費は無料です。
ただリクルートカードのVISAブランドのetcカードは、発行手数料が必要になるので注意してください。

発行スピードを重視するetcカード作り方では、セゾンカードがおすすめです。
現在即日発行ができるetcカードは、セゾンカードしかありません。
一週間くらい余裕があるなら、スピード発行となるJCB EITやライフカードのetcカードがおすすめでしょう。