ETCカードを発行したい人におすすめのクレジットカード

■初めてのETCカード付きクレジットカード選び

ほとんどのクレジットカードにETCカードが付帯されてくる時代となりました。普段から利用されている方はどのようなクレジットカードを利用すれば良いのか研究されていたり、メインカードとしているクレジットカードの付帯機能の活用されていることが多いでしょう。ですが、今までETCカードを使用されていない場合にはどのようなクレジットカードを利用すれば良いのか分からないことが多いと思います。そこで私がおすすめできる人気のETCカードに対応したクレジットカード紹介していきましょう。

ETCカードを選ぶポイントとしては様々あるのですが、初めてETCカードを利用するとなればまずは発行手数料も維持費も無料のものを利用するのが良いでしょう。本来は総合的な観点からETCカードを選んだほうが良いのですが、ある程度使い慣れてから他のクレジットカードも検討するという順番で良いと思います。

まず、一番にETCカードも利用できるクレジットカードとしておすすめできるのは「楽天カードシリーズ」です。楽天カードに限らず楽天PINKカードなどもほぼ付帯されている条件は同じですので使い勝手には困らないと思います。こちらの楽天カードはテレビCMなどでも紹介されています通り、年会費も入会金も無料のクレジットカードとなっています。そして、ETCカードの発行手数料も年会費も無料であり全体的に維持費の掛からないクレジットカードと認識してもらって問題ありません。楽天カードは楽天が提携している企業やサービスで利用することによってポイント還元率が高まるクレジットカードでもあります。ガソリン代の支払いなどでも上手く楽天カードを利用することによって割安になりますので初心者の方にもまずはおすすめできるクレジットカードの1枚でしょう。

続いておすすめできるのは、JMBローソンPontaカードやファミマTカードといったコンビニが提携しているクレジットカードです。このどちらのクレジットカードも年会費と入会金は無料であり、加えてETCカードの維持費も無料とお金の掛からないクレジットカードとなっています。普段からコンビニを全く使わないという人はあまりいませんと思いますので、普段使用するコンビニに合わせたクレジットカードを利用することをおすすめしています。ETCカードを利用するためだけにクレジットカードを発行することはあまりおすすめできませんので、何かしらメインカードとして利用できるクレジットカードに付帯する形を取るのが良いと思います。

■ETCカード発行におすすめクレジットカード1

ETCカードの発行におすすめのクレジットカードを紹介します。

・セゾンカード・インターナショナル
セゾンカウンターで受け取りをすると即日発行が可能として、人気のクレジットカードです。
また唯一ETCカードを即日発行できるセゾンカードなので、急ぎのときにはおすすめです。
セゾンカード・インターナショナルは、永久不滅ポイントなのでポイント失効の心配はなし。
それに西友やリヴィンでの5%オフ優待があるなど、お得度が高いクレジットカードと言えるでしょう。
年会費は永年無料、ETCカードは年会費、発行手数料無料です。

・楽天カード
顧客満足度が高いクレジットカードです。
「楽天カードマン」のCMもよく流れていますので、今では知らない人はいないクレジットカードと言えるかもしれません。
ポイント1.0%と高く、楽天市場では4倍の4.0%までアップ。
楽天市場を利用するなら、持っていたいクレジットカードです。
またENEOSでポイント2倍になるのも嬉しい!
年会費は永年無料、ETCカードは発行手数料無料、年会費は500円(税別)。
ただ楽天会員上位ランクは、ETCカードの年会費が無料になります。

・ライフカード
ポイント還元率は約0.5%ですが、誕生月はポイント5倍と驚異的な還元率になるのが特徴のクレジットカードです。
誕生月1か月間は使い倒したいですね。
ETCカード利用分も、きちんとポイント5倍になります!
年会費は永年無料、ETCカードは発行手数料、年会費無料。

・イオンカード
国内発行枚数はナンバーワンとも言われているクレジットカードです。
イオン店舗での割引優待があったり、クーポン発行があったりと、毎日の買い物でお得になります。
ETCカードは最短翌営業日発行なので、早くETCカードを発行したいならおすすめ。
またETCゲート 車両損傷お見舞金制度があり、安心感もあるクレジットカードです。
年会費は永年無料、ETCカードは発行手数料、年会費無料。

・オリコカード・ザ・ポイント
ポイントがたまりやすいとして、現在人気が高いクレジットカードです。
基本的なポイント還元率は1.0%ですが、入会から6ヶ月間はポイント2倍。
さらにオリコモールでは+0.5%の特別加算があり、最大15.5%のポイントを獲得することができます。
またiDとQUICPayも搭載しており、少額利用でも使いやすくなっています。
年会費は永年無料、ETCカードは発行手数料無料、年会費無料。

■ETCカード発行におすすめクレジットカード2

ETCカード発行におすすめのクレジットカードを紹介します。

・JCB EIT
JCBカードが贈るリボ払いクレジットカードです。
ポイントは常に2倍で、還元率は1.0%。
ポイントがたまりやすいJCBプロパーカードとしてもおすすめです。
また海外旅行保険が自動付帯しているのも魅力。
JCBプロパーカードとしては、比較的審査に通りやすいのも嬉しい!
年会費は永年無料、ETCカードは発行手数料無料、年会費無料。

・REXカード
ポイント還元率1.5%と高く、ポイントをためやすいクレジットカードです。
還元率0.5%のクレジットカードに比べると、3倍のスピードでポイントを貯められるのでお得ですね。
年会費は初年度無料、翌年度より2,500円(税別)ですが、年間50万円のカード利用で翌年度の年会費が無料となります。
使い方次第では実質年会費無料で使えるのでお得です。
ETCカードの発行手数料は無料、年会費無料。

・エポスカード
マルイや全国7,000の店舗で優待がある、お得なクレジットカードです。
エポスカードセンターで受け取れば即日発行が可能です(ETCカードは郵送のみでの対応で、即日発行はできません)。
海外旅行保険が付帯するなど、補償の面でも満足できる一枚でしょう。
年会費は永年無料、ETCカードは発行手数料無料、年会費無料。

・セブンカードプラス
イトーヨーカドーやセブンイレブンではポイント3倍となる、お得なクレジットカードです。
基本的なポイント還元率は0.5%ですが、3倍だと1.5%。
ポイントを貯めやすいでしょう。
審査も比較的通りやすく、ETCカードの発行にはおすすめとされています。
年会費は初年度無料、翌年度より1,000円ですが、年間5万円以上の利用があれば翌年度の年会費が無料になります。
ETCカードは発行手数料無料、年会費無料。

・リクルートカード
年会費無料ならが、ポイント下限率が1.2%と高いクレジットカードです。
リクルートサービスでは最大4.2%の還元率にもなり、ポイントがたまりやすいです。
またnanacoチャージで1.2%のポイントがたまるとしても、人気となっています。
ETCカードは年会費無料ですが、発行手数料は国際ブランドにより異なるのが注意すべき点でしょう。
JCBは発行手数料無料ですが、VISAは発行手数料として1,000円(税別)が必要になってしまいます。
ETCカードを発行するなら、発行手数料も年会費も無料のJCBがおすすめです。

■ETC発行したいクレジットカード・リクルートカード

年会費無料でポイントがたまりやすいクレジットカードの代表が、リクルートカードです。
ETCカードでもポイントをためやすくおすすめです。
クレジットカードだけでなくETCカードの年会費無料。
ただ発行手数料は無料になる場合と有料になる場合がありますので、確認をしてください。

・ポイントサービス
利用金額に対し、1.2%のポイント付与となります。
10,000円利用すれば、120円分のポイントが付与されるというシステムです。
ETCカードの利用分も、1.2%のポイントが加算されます。
ただリクルートサービスでは、最大4.2%の還元率にすることも可能。
たまるポイントはリクルートポイントで、じゃらん、ポンパレなどのリクルートサービスで利用できます。
またPontaポイントとの相互交換もでき、ローソンなどの実店舗で利用することも可能です。

・電子マネーチャージ
リクルートカードは電子マネーのチャージ用として発行されることも多いクレジットカードです。
nanacoやスマートSuica、SMARTICOCA、楽天Edyでのチャージで、満額の1.2%のポイントを獲得することができます。
今どき1.2%のチャージポイントがもらえるクレジットカードはそうないでしょう。
ただVISAとJCBブランドでは、チャージできる電子マネーが異なりますので注意をしてください。

・ETCカード
リクルートカードのETCカードは、年会費無料です。
しかし発行手数料は、国際ブランドにより異なります。
JCBブランドはJCBカードからの発行となり、発行手数料は無料。
VISAブランドは三菱UFJニコスでの発行となり、発行手数料1,000円(税別)が必要となります。
ETCカードの発行におすすめなのは、発行手数料無料となるJCBブランドでしょう。
ETCカードの発行まで考えて国際ブランドを選択せず、後日ETCカードを発行しようとしたら発行手数料が必要なVISAブランドだった…ということもあるようです。

・保険
最高2,000万円の海外旅行保険、最高1,000万円の国内旅行保険が付帯します。
利用付帯となるので、リクルートカードで旅費を支払うのがおすすめです。
そして年間200万円のショッピング保険も付帯しています。
年会費無料クレジットカードなのにどちらの保険も付帯していおり、補償金額も高めとなっているのが特徴です。
ETCカードの発行にもおすすめですが、手厚い補償を年会費無料クレジットカードで受けたいならおすすめです。

■クレジットカード・ETCカードを使うときの注意点

ETCカードを利用するにあたり、注意点があります。
ETCカードは使い方を間違うと大きな事故につながったり、大きな損害を受けてしまったりします。
正しく使うようにしましょう。

・有効期限が切れていないか
ETCカードには有効期限があります。
有効期限が切れていると使えませんので注意をしましょう。
またETCカードを発行したクレジットカードの有効期限が切れていても、使うことができません。
クレジットカードの有効期限にも注意をしましょう。

ETCカードやクレジットカードの有効期限が切れそうになると、クレジットカード会社から新しい有効期限のものが郵送されてきます。
古いETCカードやクレジットカードと差し替えてください。
有効期限が切れたものは持っていても使えませんので、ゴミとして捨てても良いです。
ただ個人情報が洩れる可能性がありますので、切り刻んで捨てるのがおすすめです。

・車内に置きっぱなしにしない
ETCカードは車載器に挿して使用します。
車を離れるときは車載器から抜き、携帯するようにしましょう。
しかし実際は車載器に刺しっぱなしにしていたり、抜いても車内にETCカードを置いたまま…というケースが目だちます。
これは車上荒らしの格好の獲物となりますので、やめてください。
特にETCカードと一体型のクレジットカードは、管理に注意をしましょう。
盗まれてしまうとクレジットカードを悪用される可能性が高くなります。
身に覚えのない請求が上がってきて真っ青にならないよう、ETCカードの管理には注意をしなければなりません。

万が一ETCカードを盗難されてしまったら、発行元になるクレジットカード会社にすぐに連絡をいれます。
そして第三者に使われないよう利用停止をし、新しいETCカードを発行してもらいましょう。
このときETCカードの番号は変更になりますので、ETCマイレージに登録している場合は変更するのをお忘れなく!

・車載器へはちゃんと挿入する
車載器にETCカードがきちんと挿入されていないと、ETCレーンを走行できません。
開閉バーが作動しないと、非常に危険です。
バーに車両が接触してしまう…なんてこともにもなるでしょう。
それに自分が危険なだけでなく、後続車にも迷惑をかけてしまいます。
走行車両が多いときにETCレーンで止まってしまうと、あせってしまいますよね。
走行する前に、ETCカードはきちんとセットできているか確認をしておきましょう。