ETCカードとクレジットカードの基本的な仕組み、そしておすすめETCカード

ETCカードって最近はやっているもののどういう仕組なのか、クレジットカードが必要と言われているけどどうすれば良いのか。そんな疑問を持っている方のためにETCカードの仕組みを解説していきたいと思います。ETCカードを作る前にわからないことを解決できるようにポイントを絞って説明していきますね。

・そもそもETCとは
ETC(Electronic Toll Collection System)とは日本では高速道路のような有料道路において支払いを自動化するために開発されたシステムのことを指します。具体的には自動車にETC車載器というものを搭載し、そこにクレジットカードと連携させたETCカードをセットすることによって支払いを自動化するシステムとなっています。

・ETCを導入するために
導入までの過程はそこまで難しいものではなく、自動車に設定するETC車載器の購入とそれに挿入するETCカードをクレジットカード会社に依頼するということです。ETCカードの発行はクレジットカードの付帯サービスとしてどこのクレジットカード会社でも対応してくれていますが、発行までには多少の時間がかかってしまいます。支払いなど使い勝手の面を考えると「楽天カード」や「オリコカード THE POINT」といった親カードのポイント還元率も良いようなクレジットカーで発行を依頼すると良いと思います。
また車載器は購入と同時に車に設置してもらう必要があります。自分で設置できるのならば無料ですが、業者に依頼するとなると数千円の工賃が必要となることが普通ですのでその点は考慮しておいてください。

・ETCカードの支払い方法
先程も述べましたがETCを利用して発生した高速道路の料金などはクレジットカードの料金と一緒に請求されます。そのため基本的にはクレジットカードの利用規約に基づいて本人以外がETCカードを利用することは出来ません。ただし家族カードといった一部の例外もありますのでETCカードを誰が使用できて誰が支払うのかは事前に確認しておくべきでしょう。
ETCカードによる高速道路料金の支払いはクレジットカードで対応するということは述べましたが、正規料金がクレジットカードに請求されるとは限りません。ETCカードでの高速道路の利用は専用料金で割引が適用されることが多々あります。そのため実際に使って感覚の料金よりも請求される料金の方が安いということはあるでしょう。

■バイクでも安心してクレジットカード付帯のETCカードを発行しよう

最近人気のETCカードはなんとなく自動車に設置するものだという認識が強いようです。ETC車載器と呼んだりもしますし、なんとなく自動車という印象を与えてしまっているのでしょうね。しかしながら、ETCは自動車だけではなくバイクにも設置できるような装置が販売されています。私の感覚としては自動車よりもバイクにETCを設置するべきだと思っています。なぜならバイクに乗る人ならわかると思いますが、停止するたびに一度着地してバランスを取って、バイクに乗っているときに着用するグローブをいちいち外し、さらにそこから精算するためのお金を出すのは手間だからです。こういった手間を無くしてスムーズに料金所を通過するためにもバイクにもETCを設置することをおすすめしています。

さて、バイクにETCを搭載するとなると必要なものは二つです。一つ目はバイク用(二輪車用)ETC車載器で二つ目は自動車でも使用しているETCカードです。自動車とバイクでは車体の仕組みが大きく異なりますので同じものを使用することは出来ません。すでに自動車用の車載器を持っているという方でも、この点は理解してバイク用の車載器を購入するようにしてください。また、バイクに自動車用の車載器を搭載することは禁止とされていますのでルールに則って正しい利用を心がけましょう。

車載器の取り付けは自動車と同様に購入する店舗で依頼すれば数千円の工賃で対応してもらえると思います。バイクはETCの取り付けについて少し難しいと言われていますので自分でやるよりかは工賃を支払ってでもプロに依頼するほうが良いでしょう。ETCカードについては自動車で発行しているものがあれば、それを差し替えて利用することが出来ます。もし複数枚の発行に対応しているクレジットカード会社であるのならば自動車用とバイク用に分けて利用するのも良いかもしれません。
もし、バイク用に初めてETCカードを作るのであれば、オススメのクレジットカード会社としては「楽天カード」「セゾンカード」「オリコカード THE POINT」がオススメです。楽天カードは日本で発行枚数が劇的に伸びてきているクレジットカードであり、そのシェアや安心感は大きなものとなってきています。セゾンカードに関しては条件を満たせば即日でクレジットカードとETCカードを発行してもらえることもあり、どうしても急にETCカードが必要となったときには頼りたいクレジットカード会社でもあります。

■楽天カードが発行するETCカードの特徴

高速道路を走行するときに、必需品となるのがETCカードです。ETCレーンを走行すると料金が割引になりますから、ETCカードがないと高い料金を支払分ければならなくなります。ETCカードの発行には、クレジットカードが必要となります。ETCカード単体では、発行することはできません。

人気の楽天カードのETCカードは、100円に1ポイントがたまります。高速道路料金も100円ごとに1ポイントとなります。走行料金でも効率的にポイントをためることができるため、人気があります。

ETCカードの利用分は発行したクレジットカードでの請求となりますから、ポイント還元率が高いクレジットカードで発行するのがお得となります。楽天カードは年会費無料ですがポイント還元率1.0%と高いですので、ETCカードを発行するのにはおすすめと言えるでしょう。

楽天カードのETCカードの入手方法は、楽天カードと同時に申込みができます。
車に乗っており高速道路を走行する可能性があるなら、ETCカードも申込しておくと良いでしょう。
またETCカードは、後日申込をすることもできます。
すでに楽天カードを持っている場合は、楽天カードの会員専用サイトから申込をすることができます。

ETCカードの発行には、審査を受けなければなりません。
しかしETCカード自体の発行は、それほど難しくはないでしょう。
楽天カードのETCカードも、申込みをすれば発行されることが多いかと思われます。
ただこれはすでに楽天カードを持っている人の話です。
まだ楽天カードを持っていない場合、楽天カードの審査を通らなければETCカードを発行することはできません。

楽天カードは審査が厳しいクレジットカードではありません。
主婦やフリーター、学生などでも発行しやすく、比較的審査は甘いとされています。
過去に延滞を起こしていたり、転職したてで極端に勤続年数が短いといった場合は審査通過は難しいですが、安定した収入があれば審査通過はできるはずです。
なのでETCカードも発行しやすいでしょう。

審査に通過すると、楽天カードのETCカードは約2週間ほどで発行されるようです。
楽天カードと同時に申込みをした場合は、まず楽天カードが郵送されそれが受け取りをされてからETCカードが発行されるとのことです。
スピード発行とはならないようですので、時間的に余裕をもった申込みが必要になるでしょう。
明日ETCカードを使いたい!といっても、楽天カードでは無理ということになりますね。

■楽天ETCカードは年会費有料

楽天カードは年会費無料のクレジットカードです。
そのためETCカードも、年会費無料と思っているケースが多いようです。
しかし楽天カードのETCカードは、年会費有料となってしまいます。
年間500円(税別)が必要となりますので、注意をしましょう。
実際年会費無料だと思っていたら、知らないうちに年会費が引き落とされていた!なんてこともあるようです。

ETCカードが年会費有料というのは、楽天カードのでメリットであると言えるでしょう。
現在は年会費無料で発行できるETCカードが増えています。
JCBカード、イオンカード、セゾンカード、ジャックスカードなど、大手のクレジットカード会社でもETCカードは年会費無料で使うことができます。
それほど高速道路を走行しないというなら、年会費有料だと使う気がしないかもしれません。
楽天カードのETCカードも、年会費無料だと最強なのに…というところでしょう。

ただ楽天カードのETCカードは、発行手数料は無料となります。
年会費無料でも発行手数料が500円~1,000円程度必要になってしまう、ETCカードは少なくありません。
発行時にだけ支払えば良いものではありますが、無料にこしたことはありません。

楽天カードのETCカードは、年会費500円(税別)が必要になります。
年会費無料じゃないなら、発行したくない…と考える人も多いでしょう。

しかし楽天カードのETCカードは、年会費を無料にする方法があります。
楽天カードのETCカードは、楽天会員ランクがダイヤモンド、プラチナになると年会費が無料になります。
楽天会員ランクは、獲得ポイントが多くなると上がって行きます。
楽天市場などの楽天サービスをよく使っている、楽天カードを使っているという人なら、ダイヤモンド会員になるのは難しいことではないと思われます。
なので楽天カードのETCカードを年会費無料にするのは、それほど難しくはないでしょう。

そして楽天プレミアムカード、楽天ブラックカード会員になると、ETCカードの年会費が無料となります。
楽天カードのランクを上げることで、ETCカードを無料にすることができるのです。
楽天プレミアムカードは10,000円(税別)、楽天ブラックカードは30,000円(税別)の年会費となりますので、この中にETCカードの年会費が含まれていると考えて良いでしょう。
ゴールドカード以上のクレジットカードを持ちたいと考えている人にとっては、おすすめのクレジットカードです。

■楽天ETCカードの口コミは?!

楽天カードのETCカードの使い勝手はどうなのでしょうか。
実際に使った人の口コミによると、評判は悪くないようです。

楽天カードのETCカードは、デザインが個性的で良いという口コミがあります。
券面はレッドとなっており、他のカードと間違いにくいとのことです。
お財布に入れていてもすぐに見つけられるので、使いやすいという人も多かったです。
レッドだと女性向けかと思われますが、シンプルなデザインなので男性が持っていても違和感はないでしょう。

そして楽天カードのETCカードは、年会費が無料になるのが良いとの口コミがあります。
普段から楽天カードを使っている人は、楽天会員ランクがプラチナ、ダイヤモンドとなっているケースが多いようです。
なので年会費が無料となりますから、それほど使う機会がなくても損をすることがありません。
手軽に持つことができるETCカードとも言えるでしょう。

それから100円に1ポイント付与というシステムなので、少額利用でも効率的にポイントを獲得できるETCカードというのが魅力という口コミもあります。
短い走行距離の場合も楽天カードのETCカードなら、しっかりポイントを獲得することができるということですね。

楽天カードのETCカードのデメリットは、年会費が有料であることです。
しかし楽天会員のプラチナかダイヤモンド会員になること、楽天プレミアムカードか楽天ブラックカードの会員になることにより、年会費無料にすることができます。
なのでそれほど大きなデメリットではありません。

ただ楽天カードのETCカードには、もう一つデメリットがあります。
それはETCカードは、楽天カード1枚につき1枚しか発行できないということです。
他のクレジットカードでは、家族カードを発行すればそれに対してもETCカードを発行できます。
ところが楽天カードのETCカードは、本カード会員へ1枚しか発行されないのです。
家族カードを発行してもETCカードは発行されませんので、家族でそれぞれ車に乗っているという場合は不便に感じてしまいます。
車が何台もある家庭で、すべてを楽天カードのETCカードを使うのは難しいとなってしまうでしょう。

楽天カードのETCカードを家族それぞれ持つには、家族カードではなくそれぞれで楽天カードに入会しなければならないことになります。
家族で同じクレジットカードのETCカードを使いたいとなると、楽天カード以外のクレジットカードで発行するしかないでしょう。